注意 現在X(旧Twitter)でのソーシャルログインができない事象を確認しています。事前にX(旧Twitter)側で再ログインした上でconnpassのソーシャルログインを行うか、
「ユーザー名(またはメールアドレス)」と「パスワード」の組み合わせでのログインをお試しください。合わせてFAQもご確認ください。

お知らせ 2024年9月1日よりconnpassサービスサイトへのスクレイピングを禁止とし、利用規約に禁止事項として明記します。
9月1日以降のconnpassの情報取得につきましては イベントサーチAPI の利用をご検討ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Feb

4

手帳0.2基本講義

-手帳というプロダクトを後世に伝えるために-

手帳0.2基本講義
Hashtag :#手帳
Registration info

参加枠1

3500(Pay at the door)

FCFS
2/5

Attendees
pleasure2023
guts_ok_farm
View Attendee List
Start Date
2024/02/04(Sun) 13:00 ~ 14:30
Registration Period

2024/01/21(Sun) 20:00 〜
2024/02/03(Sat) 23:30まで

Location

Zoom

出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

デジタル全盛の時代に

デジタル全盛の世の中であっても、手帳を使う人はいます。 さてでは、手帳はブームなのか。盛り上がっているのかと言えば、なかなか疑問です。    市井の多くの人に手帳を理解してもらい、ユーザーになってもらうためにはどうすればいいのか。今回のテーマはそれです。デコったり、何冊も持ったり、かわいいと愛でたりする。それはそれでありなのですが、果たしてそれは、手帳を延命させることはできるのか。

すっかりスマホに取って代わられつつある。手帳が直面しているこの現状においても、手帳ならではのこと、手帳でしかできないことはあるはずです。

私の提言

私は、Yahooニュースの以下の記事で1つの提言を示唆しています。 【手帳の現在】日本経済新聞「NIKKEI THE STYLE」11/19付けのコメントを補足します https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/81c5230dd7174ed029d07ec6a55d4d0a32c51746

ここに書いたように、あまりにとがった手帳は一般にはよく理解できないものだと思います。市井の多くの人に手帳を理解してもらい、ユーザーになってもらうためにはどうすればいいのかを考えます。そして私なりの結論を出しました。

今回のテーマはそれです。

私が考えるこのアプローチの先には、一般に売られている手帳がより広く知られ売られ、ほこら系手帳のニーズもそれなりに高まると考えています。

また念のために補足しておけば私は件のYahooニュースの記事で手帳クリエイターや愛好家を毀損などはしていません。もちろん掲載紙(日本経済新聞)に対して失礼ということもないと思います(そもそも記事作成に協力をしています)。ごく一部の方がそのように捉えているのは、誤解なのか印象操作なのかは分かりません。ですがそういう事実はないわけです。 もちろん、特定の人物を誹謗・中傷するようなこともありません。

手帳というプロダクトを後世に伝えるために

手帳というプロダクトが、愛好家のものにとどまることなく、広く知られつかわれるにはどうすればいいか。今回のテーマはそれです。

上記記事の末文を引用します。

「だから、まずベーシックな手帳の魅力を多くの人に広めたい。そうすれば手帳そのものがもっと盛り上がるでしょう。愛好家以外の人も感心を持つようになれば、スーパーカー的なほこら系手帳ももっと人気になる。私は現時点ではそのように考えています。」(原文ママ)

現時点における紙の記録媒体の位置と、それをどう広めていけるのか。  みなさま、是非ご参加ください。そして、手帳というプロダクトを後世に伝えていくための実践的な方法を考え、実践していただければと思います。  どうぞよろしくお願いいたします。

Zoomで開催します

今回は、Zoomで開催します。お申し込みいただいた方にはおってZoomのURLを送ります。

また、前半は40分、後半は40分です。後半には質疑応答の時間も設けます。

参加お申し込み

上記参加枠に入力の上、参加費を以下の口座にお振込ください。お振込手数料はご負担をお願いします。 横浜銀行茅ヶ崎支店(店番号631) 普通口座6013980 株式会社ビークル

※ なお例によって自分のイベントの宣伝をする(した)方は参加をご遠慮ください。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

舘神龍彦

舘神龍彦 published 手帳0.2基本講義.

01/21/2024 16:56

手帳0.2基本講義 を公開しました!

Group

舘神手帳オフ

2007年の第一回から続く舘神手帳オフのグループです。

Number of events 40

Members 175

Ended

2024/02/04(Sun)

13:00
14:30

Registration Period
2024/01/21(Sun) 20:00 〜
2024/02/03(Sat) 23:30

Location

Zoom

Zoom

Organizer

Attendees(2)

pleasure2023

pleasure2023

手帳0.2基本講義 に参加を申し込みました!

guts_ok_farm

guts_ok_farm

手帳0.2基本講義 に参加を申し込みました!

Attendees (2)